無職でもお金が借りられる方法がある

無職だけどお金を借りたい、そんな時には家族、友人、同僚、先輩、後輩など誰かしら頼れる人がいればいいですが、親しいからこそお願いしにくいということもあるでしょう。そこで利用するのがカードローンです。
カードローンは、20歳以上の安定した収入を得ている方を融資条件としています。これを踏まえると、無職の方は収入がないのでお金を借りることができないと思われますが、実は無職でもお金が借りられる方法がないわけではありません。

 

重要なのは収入があることを示して審査に通過することです。そのため、退職する前に契約をする、派遣会社に登録をする、不労所得で申し込むという方法があります。

 

まず、仕事を辞めてしまうことが決まっているのなら、辞める前に申し込みましょう。契約後の退職したとしても、きちんと返済ができているうちは契約が取り消されることはありません。
仕事をまったくしていない方は派遣会社に登録することで、対処できることもあります。審査では在籍確認があるので、こちらの対策になりますが、収入を証明する書類の提出を求められると厳しくなるでしょう。
そして、労働で得る収入はないけど、家賃や株などで不労所得を得ている方は、それを収入とみなしてもらうことも可能です。これに関しては各社に相談してみてください。

 

収入がないからこそ生活の資金に1社くらいは契約しておくと便利です。もちろん即日融資もできるので、今すぐにと言いう方も試してみてください。