カードローン審査に影響する他社借り入れについて

銀行のカードローンは一般的に審査が厳しめとされています。その理由として、利用限度額が大きく金利が低いため、お得に借りられるからです。
融資条件がいいということは万が一返済されなかった時の銀行へのリスクが大きくなるので、厳しい判断の上で信頼できる人にしか融資しません。よって審査が厳しくなってしまうのです。

 

カードローン審査は様々な項目をチェックします。例えば、年収、職種、居住形態などの個人情報に加えて、申込件数、借入額、返済状況などの他社借り入れ情報があります。最も影響するのは他社の借り入れ情報です。
他のカードローンはもちろん、キャッシング、クレジットカード、各種ローン、携帯電話の分割払いの情報も影響してくるので注意しましょう。

 

あくまでも目安ですが、申込件数は3社までとされており、4社以上の契約になると厳しくなります。また、借入額は年収に応じるので一概にいくらとは言えませんが、こちらも目安として年収の3分の1を超えると契約ができない又は難しくなります。
返済状況に関しては、延滞や滞納をしていると返済能力がないと判断されるので融資は不可能と思っておいた方がいいでしょう。さらに、延滞や滞納もせずきちんと返済できているけど、リボ払いによって中々完済できない状況になっている方も難しいのが現状です。

 

対策としては、現在利用している分を完済する又はできるだけ返済しておくこと、そして利用していない会社のカードは解約してしまうのがおすすめです。