銀行カードローンの返済遅延によるリスク

銀行カードローンを利用しているときに注意しておきたいこととして、返済遅延を挙げることができます。これは、約定日に残高不足で引き落としができなかったり、ATMに支払いに行こうとしたが間に合わなかったような場合に起きることがあります。もし、約定日になっても支払いが遅延した場合は、銀行カードローンでは、保障会社から支払いが確認することができなかったという内容の通知と入金のお願いのはがきが届けられるようになります。もしくは、会社によっては直接連絡がくることがあります。このような返済遅延の最大のリスクとしては、遅延損害金が発生するということです。このお金はカードローンの返済が延滞すると返済日に遅れた分だけの迷惑料のことを指しています。では、どのくらいの金額を請求されることになるのかというと、借り入れている会社によって異なってきますが、借入利率と同じか、20パーセント程度の利率のお金が必要になってきます。このようにお金を返すことが遅くなればなるほどリスクが高まっていくことになりますが、対処法としては、まず担当者に電話をしてお金を返すことが遅れてしまう旨を伝えておくということが大事になってきます。事前に連絡をしておけば、会社からの催促を止めることができます。事前に連絡をしたからといって、お金を返すことに遅れた記録は残りますが、あらかじめ伝えておくことで印象としてはよくなります。ブラックリストについては、一度の遅れで載ってしまうということはないので、期限を過ぎたとしても確実に最低でも3カ月以内にはお金を返すことが大事になってきます。