カードローンの金利を下げる方法

カードローンの金利は、4.0%〜18.0%、限度額10万円〜500万円などとなっていたら、最高の金利18.0%が適用されることが多いでしょう。この理由として、新規で契約をした人はまだ金融機関からの信用を得られていないということがあげられます。

 

一般的に、金融機関はリスクの低い人、属性の良い人に対しては積極的に好条件でお金を貸そうとします。しかし、カードローンを新規で契約する段階では、まだ相手の信用度をはかるための判断材料が少ないため、限度額は低めになり、金利も最高値になることがほとんどです。

 

銀行の場合には、給与振込み口座に指定していたり、住宅ローンを借りていたり、他のサービスを利用していたり、それまでの取引で信用を得られていることもあります。すでに他のローンなどで信用が得られているケースなどでは、最初から好条件で借りることができる場合もあります。

 

カードローンの金利は、信用が得られていないうちは高めになっているので、あまり高額なお金を借りてしまうと利息の負担が大きくなってしまいます。そこで、最初は少額のお金を借りて、すぐに返済してしまうという使い方をすることがおすすめです。

 

カードローンを延滞せずに利用をしていくことで、信用は徐々に上がっていきます。半年程度が経過したら、増額審査に申し込みができるようになるので、その審査で限度額が上がったり、カードローンの金利が下がったりすることがあります。