カードローン限度額目安はどのくらいか

カードローン限度額目安ですが、まず、法律による上限があります。消費者金融、クレジットカード会社、信販会社を利用する際には貸金業法というものがあり、その中に、個人への貸し付けは年収の3分の1を超えてはいけないという、いわゆる総量規制というものがあります。担保貸付や社会通念上やむを得ない出費などの際にはその限りではないのですが、一般的な利用の際には総量規制により上限額が定められています。一方、銀行でのカードローンの利用の際には、銀行法が適用され、これには総量規制というものがないので、収入による法規制というものはありません。ただし、各行の内規によって概ね収入の3割から4割が上限とされています。次に、実際に借入する際ですが、いきなり限度額いっぱいまで貸しつけてくれることはありません。最初の利用の際には、審査によって属性がチェックされます。属性とは、申込人の年齢や職業、会社名、職歴、収入、家族構成、他社での借り入れはもちろん公共料金の引き落としなども対象となります。これらを総合的に判断して、その人への融資額が決まります。属性に特に問題がなければ、初めての場合はおおよそ50万円前後となります。これは無理なく返済できるであろうという金額で、もしこの返済が滞りなく進めば、信用度も上がるので増額することも可能になります。ちなみに、これらのことを知らずに多額の申し込みを行うと金融機関から不信の目で見られ、かえって審査は厳しくなるので注意が必要です。
こちら第一勧業信用組合で書かれていますので参考にして下さい。